<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

麦茶脱走。

告白いたします(/_;)。

実は、先日麦茶が脱走しました。脱走させてしまいました。
正確にはググが脱走して捕獲している間に抜け出したのですが。

---------------------------------------------------------------
いつもは気をつけている吐き出し窓のストッパーをかけ忘れ、網戸を突き破ってググが脱走し、慌てて外へつかまえに行って戻ってきて体を拭いてやっている間に、気付いたら麦茶がいませんでした。まさか外へ出ているとは思わず、家の中を何度も何度も、名前を呼びながら探したのですが、いませんでした。

慌てて近所をあちこち探したけれど見つからず、いろんなサイトで「猫が迷子になったら」というアドバイスなどを読み、とりあえずポスターを作って貼りだして、ご近所にはお願いに回りました。

あちこちのサイトに書いてありましたが、室内猫が外に出てしまうとしばらくはじっとして動かないそうです。麦茶も1週間ほど見つけることが出来ませんでしたし近所の人の目撃情報もありませんでした。

朝晩近所を巡回し、やっと姿を見ることが出来たのは1週間経った頃でした。でも当人(猫)は呼びかけても知らん顔して逃げていってしまいました。

とにかく家のすぐ近くにいる、遠くに行っていないことにほっとしましたが、なかなか近寄ることができませんでした。


家のまわりにご飯を置いておきました。しばらくすると食べに来るようになりました。
出入りがしやすい勝手口のドア付近、家の中からも見やすい場所1カ所限定でご飯を置くようにしました。

なかなか食べに来てくれませんし、他の猫が食べてしまう時もありました。見かけても追いかけると逃げてしまうし、逃げている間に道路に飛び出しても危ないので、追いかけることはやめました。

そんなこんなで2週間も経ってしまい、今日こそはと勝手口が見える出窓で朝からずっと見張りをしていました。

午後になって麦茶が姿を見せたので、ググを他の部屋に閉じこめ、麦茶の名前を呼びながら勝手口のドアを全開にして、ご飯をちらつかせました。
よほどお腹が空いていたのか、みゃあと鳴きながら近づいてきたので、ご飯を少しずつ家の中にずらして、誘い込みました。

しばらくは警戒していました。10分ほどそうして粘っていると、諦めて戸口まで近づいてきました。ご飯を家の中に置いたまま、1つ、2つと口元に持って行って食べさせてやると、ソロリソロリと家の中に入ってきました。

完全に体が家の中に入るのをじっと待って、そうしてやっとつかまえました。


しばらくは大きな声で鳴いていましたが、体を洗ってやって部屋に入れると鳴きながら部屋の隅に隠れて丸くなって寝てしまいました。

起きた時にはだいぶ落ち着いて、部屋の中をうろうろ歩き回り、少しずつ思い出してくれたようです。1時間ほどしてご飯も食べ、お気に入りの場所で寝始めました。

戻ってきてから2日ほどは食べている以外ほとんど寝ていました。外ではしっかり熟睡することができなかったんだろうと思うと、本当に可哀相なことをしたと思いました。


麦茶は戻ってきてからググにしばらくフーシャーしていましたが、ググは近づいて匂いをかいだだけでした。2週間会えなくてもしっかり覚えていたようです。

戻ってから5日ほど経ちました。今ではすっかり元の生活に戻っています。痩せてしまった体はまだ元には戻っていませんが、手足を伸ばし、お腹を見せて熟睡しています。


----------------------------------------------------------
脱走してから戻ってくるまでの2週間、本当に長かった…。心配で落ち着かない日が続きました。一体どこでどんな生活をしていたんでしょうか。人間の不注意によって外に出してしまったこと、深く深く反省しています。

今回のことを肝に銘じ、今まで以上に脱走には十分気をつけて行きたいと思います
[PR]
by furaw-nyan | 2008-06-20 00:14 |